陰部のかゆみを抑えると黒ずみが改善することもある

陰部のかゆみを抑えると黒ずみが改善することもある

陰部のかゆみは症状の軽さや重さがありますが誰にでもあります。相談しづらい部分ですが、放置しているとさらに掻いてしまい、掻いてしまうと色素沈着から黒ずみに進んでしまいます。症状を軽くするためにもかゆくならないようにする対策が必要です。

早めに皮膚科や婦人科を受診した方が良い症状

陰部のかゆみの原因にはカンジダ膣炎という、カンジダというカビの種類のひとつが膣のなかに繁殖してかゆくなったり、白い粉状のおりものが出たり、膣や周りの皮膚もかゆくなる症状がでることがあります。カンジダ膣炎の場合には、皮膚科か婦人科を受診してカンジダ対策の塗り薬と膣剤を利用します。陰部には脂漏性皮膚炎がありますが、毛の生えている部分がかゆくなって赤みが出たり皮がめくれたりするためステロイドを利用します。原因がなく陰部がかゆくなる症状がありますが、陰部は下着でムレや擦れが出てしまい掻くとよけいにかゆくなるため早めに皮膚科などを受診するようにします。

陰部のかゆみは誰にでも起こりやすい

陰部のかゆみは他の人には相談しづらいですが誰でも経験しています。多くの場合にはムレやおりもの、ナプキンが原因のかぶれや汗などで病院を受診するほどではない症状です。ほとんどの時間を下着やストッキングなどで締め付けやムレやすく、生理中にはナプキンを使うためかゆみが発生しやすいです。汚れていないからとナプキンを換える回数が少なくなってしまうことがありますが、汚れていなくても湿気などで雑菌が繁殖してしまってかゆくなってしまうことがあります。ナプキンはこまめに換えて清潔に過ごすことが大切です。敏感肌やアレルギー体質の人は特に陰部のかゆみも発生しやすいですが、普通肌の人でもストレスや疲れからかぶれてしまったり、かゆくなることがあります。

かゆみを抑えると黒ずみ対策となる

かゆみの原因は病気でない場合にはムレや下着の素材や形が肌に合っていないという原因が当てはまります。ムレてかゆくなる場合には、菌のバランスが崩れていて、汗が乾くときに乾燥してしまったり、あせもができるという理由があります。下着の素材が肌に合っていない場合や形によってくいこんで擦れてしまってかゆくなってしまうことがあります。かゆいからとと掻いてしまうと摩擦と刺激からメラニンが発生してしまい色素沈着が起こってしまいます。黒ずみ対策をしたい場合にはかゆみを抑えることが鍵になります。アンダーヘアの量を減らすとムレを減らすことができますが、自己処理は肌へのダメージを与えるためプロに任せることがおすすめです。また通気性のよい下着やシルク製の下着を選ぶことがおすすめです。

まとめ

陰部のかゆみはほとんどの場合病院に行くほどの症状ではありません。ただし放置していると掻いてしまって黒んでしまいます。下着やアンダーヘアの処理などをすると症状を軽減することができますが、重症の場合には皮膚科や婦人科へ早めに受診することが大切です。

比較ページへのリンク画像