女性の陰部に生じる黒ずみの原因と対策

女性の陰部に生じる黒ずみの原因と対策

陰部黒ずみ

陰部に黒ずみが生じやすいのは皮膚の弱さにありますが、女性は密かに悩みやすいです。石鹸で洗っても簡単には落ない色素沈着は、黒くなる原因がありますし、原因を知ることで解決方法も見えてきますので、前向きにお手入れをしてきます。

 

女性の陰部の黒ずみの原因と要因ってなんだ!?

 

陰部黒ずみ

では早速そんな女性の陰部の黒ずみの原因と要因について解説していきます。基本的にはどれもシンプルなものなのできっと理解できると思ますし、既に陰部に黒ずみが出ている人にとっては恐らく心当たりがあるものが多いと思います

 

 

原因をきちんと理解しておくことで今後の陰部の黒ずみの進行を抑えて予防する事も出来るようになりますし、以下で解説していく予定の陰部の黒ずみの具体的なケア方法についてもきっと納得の上で進められるようになるのでモチベーションの維持にも繋がります。もし陰部の黒ずみに悩んでいる女性の方は、まずは原因からきちんと理解していきましょう。

 

女性の陰部の黒ずみは摩擦が原因

 

まず女性の陰部の黒ずみの原因と言えるのが肌の摩擦です。陰部というのはあなたが思う以上に摩擦が激しい箇所で、下着や衣類、そして生理用品などで摩擦されます。陰部の肌が摩擦されるとどうして黒ずみが出るのかという事ですが、これはシンプルな話身体の保護機能が働くからです。

 

陰部が摩擦を含む何らかの原因で肌刺激を受けると、それを補修するためにメラニンが放出されます。それが陰部の肌の角質深くに堆積して黒ずみが進行するわけです。メラニンというと多くの方が色素沈着の原因物質と思われるかもしれませんが、本来の役割は傷ついた肌の保護なんです。

 

間違った陰毛処理も陰部の黒ずみの原因

 

最近では多くの女性がアンダーヘアのお手入れや処理をされていると思います。もはや陰毛処理は女性のエチケットと言っても過言ではありませんよね。でもそんな陰毛処理もやり方を間違うと陰部の黒ずみの要因になりえます。事実アンダーヘアのお手入れをしてから陰部に黒ずみが出てきたという方は非常に多いですからね。

 

ではどうして陰毛処理をすると陰部に黒ずみが出てしまうのかという話ですが、これも上で書いたのと同じ原理で、陰毛処理での陰部の肌の刺激によるものです。例えば陰毛処理の定番であるカミソリで剃るという行為は特に陰部の肌を傷つけるやり方なので、陰部の黒ずみリスクは非常に高いと言えますね。

 

ホルモンバランスの乱れや変化も陰部の黒ずみの原因

 

また女性は特にですが、色んな場面でホルモンバランスが変化したり乱れやすいわけですが、実はこれも陰部の黒ずみの原因です。例えば陰部の黒ずみが目立つようになってきたのは思い返すと思春期を過ぎたあたりという方が多いと思いますが、これもホルモンバランスの変化による陰部の黒ずみなんです。

 

また妊娠中や産後に陰部の黒ずみを気にされる方が増えるのもこれが原因です。ではどうしてホルモンバランスが乱れると陰部が黒ずむのかという話ですが、ホルモンバランスが乱れるとメラニンを作るメラノサイトという細胞が刺激されるから。メラノサイトが刺激されると当然メラニンを多量に放出するので陰部の黒ずみは進行します。

 

デリケートゾーンも見た目を綺麗に

陰部は衣類に包まれている場所ですが、女性は全身が美しいのが理想なので、 デリケートゾーンも見た目は美しくを望みます。ヒップラインもバストラインも、形状も見た目も美しいいのが、女性らしいボディですし、デリケートゾーンも美しい方が良いです。デリケートゾーンの見た目で最も気なるのは、皮膚に生じる黒ずみであり、諦める気持ちが生まれやすい部分でもあります。でもデリケートゾーンの色素沈着は、生まれながらのものではなく、皮膚のメラニン色素が積み重なっての結果です。顔の肌と同じようにデリケートゾーンも正しいケアをすると、今より明るい皮膚が期待できます。メラニン色素は本来肌を守るためにあり、それは排出されて消え去るものなので、スキンケアで対処することです。

 

色素沈着は守りのメラニン色素が大きな原因

陰部の黒ずみは女子を悩ませるものの、本来は皮膚を守るメラニンこそが原因です。メラニンといえばイコールでシミのイメージが強いものの、メラニン色素がたくさん出るのは、肌を守るためのものであり、本来は悪者ではありません。もともとバストトップやデリケートゾーンは、メラニンが活発な場所であり、さらに衣類にも包まれていて、年中摩擦を受けている場所です。肌を守るために一生懸命なあまり、メラニン色素は多くなり、肌の表面に黒く出てきます。紫外線の影響でもメラニン色素がたくさんできますが、デリケートゾーンは衣類の摩擦でもたくさん出来るので、色素沈着をしやすいです。日焼けした肌がやがて元の色に戻るように、正しいケアでデリケートゾーンも、皮膚の色はもとに戻る期待が高まります。

 

皮膚刺激を軽減して皮膚代謝を順調にすること

女子たちを悩ませる陰部の黒ずみ解消方法は、 皮膚刺激を減らし皮膚代謝を正常化することです。皮膚のターンオーバーは1日で変わることはできないですが、健康な肌だと28日程の周期でめぐります。年齢が高くなるほどに、皮膚サイクルの周期は長くなりますが、いくつになっても皮膚は、生まれ変わる力を持っているのは事実です。下着を刺激の少ない素材にしたり、サイズをきちんと合わせたり、スキンケアを始めることも必要になります。デリケートゾーンの皮膚の色素沈着は、顔同様にターンオーバーを順調にすることです。皮膚が正しい周期でのターンオーバーを繰り返すようになれば、デリケートゾーンも肌は明るく変わります。

まとめ

女性は人には言えないものの、陰部の黒ずみをなんとかしたいと考えていますし、保湿ケアがその糸口です。肌への摩擦は控える必要があるので、下着や衣類は締めつけがきつすぎないタイプを選ぶこと、素材もできるだけ柔らかく優しい種類にします。

 

女性の陰部の黒ずみの原因から見る具体的な対策方法

 

陰部黒ずみ

ではそんな陰部の黒ずみの原因を踏まえた上で、女性の陰部の黒ずみケアとして最もおすすめできる具体的なやり方について。結論から言うと素直に専用のアイテムに頼るのが一番賢い選択です。最近では上でも書いた通りアンダーヘア脱毛が一般化しておりそれに伴って陰部の黒ずみを気にされる方が増えています。

 

その分非常に質の高い陰部の黒ずみ対策クリームもたくさんありますので、これを使わない手はありません

 

以下では参考までにそんな陰部の黒ずみケアクリームとして特におすすめできるハーバルラビットナチュラルゲルクリームについて紹介しておきます。非常に質の高い陰部の黒ずみケアクリームなので、もし興味のある方は一度チェックしてみてください。陰部の黒ずみというのは確かに面倒な症状ですが、原因をきちんと理解して正しいアイテム選びさえ成功すればあなたが思うよりずっと対策は簡単ですからね。

 

ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム

ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム

ハーバルラビットナチュラルゲルクリームの特徴

陰部の黒ずみに特化して作られたクリームで、口コミでの評価も非常に高く実績も豊富なアイテム。肌への刺激にも配慮されて作られているので敏感肌の方でも安心して使える黒ずみケアクリームです。

詳細レビューへ

 

 

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

陰部の色素沈着する理由と改善方法
陰部の黒ずみを解消するにはせんよクリームでのお手入れを
陰部に黒ずみが生じやすくなる原因は何か
黒ずみが気になるなら陰部への刺激を減らそう
陰部の黒ずみに使える美白化粧水を探そう
陰部の黒ずみを解消する即効性の方法
陰部のかゆみを抑えると黒ずみが改善することもある
陰部の黒ずみはおりものとは関係がない
陰部の黒ずみを消すためにする事とは
陰部の黒ずみの原因と一般的なレーザー手術
今日からできる陰部の黒ずみの対策法
陰部が黒ずみ始め悩みを抱えてしまった人へ
陰部の黒ずみの原因はメラニン色素にあります
陰部の黒ずみは慢性的な炎症によるもの
陰部の黒ずみはホルモンバランスが関係しています!その他の原因と対策方法!
陰部の黒ずみの原因の一つにターンオーバーがあります
陰部の黒ずみを解消するための美容成分
陰部をパイパンにした後のVIOの黒ずみの治し方が凄い件!!
陰部の黒ずみの改善 時間はどれ位か
陰部の黒ずみをクリニックに相談する
女々しい男達に傷つけられないために正しい陰部の洗い方
陰部の黒ずみを目立たなくする生活習慣
重曹を利用すれば陰部の黒ずみを改善できる
陰部の黒ずみは処女でも普通にあること
陰部の黒ずみを年齢だと諦めない
陰部の黒ずみをニベアクリームで解消できる!?ニベアの青缶の底力!!