陰部に黒ずみが生じやすくなる原因は何か

陰部に黒ずみが生じやすくなる原因は何か

VIOゾーンの皮膚の色はほかのパーツよりくすみやすく、さまざまな要因が入り組んでいます。ほかより皮膚が薄く刺激を受けやすい上に、ムダ毛の処理も頻繁にする場所です。衣類の締めつけや皮膚の乾き、お手入れが不足をしているなど、引き金は多くあります。

摩擦が生じやすく皮膚には炎症も起こりやすい場所

陰部の黒ずみになる原因は摩擦が多い場所であるために、常に皮膚は刺激を受けて炎症も起こりやすくなります。ハードなスポーツを行うだけではなく、普通に歩行をしたり軽く走ることでも、かんたに刺激を受けやすく、皮膚には色素沈着は起こりやすいです。刺激が加わると皮膚はダメージから守ろうとして、メラニン色素をたくさん分泌します。皮膚への摩擦はダメージとなり、メラニン色素ばかりが増えてしまい、処理は追いつかないままであれば、皮膚は明るさを失うばかりです。締めつけの強い下着を着用することも、皮膚から透明感を奪うことになります。下着のズレや、体にフィットしないきつい衣類の着用も控えるようにします。

力任せに皮膚をこすり洗いするのはタブー

バスタイムはリラックスタイムですが、アンダーパーツはていねいに洗うことが必要であり、ゴシゴシ洗いはタブーです。体は早く洗ってバスタブに浸かりたい女子は多いですし、シャワーで済ませて早く眠りたい人もいます。でもデリケートパーツの皮膚を明るく戻したいならば、VIOパーツをゴシゴシ洗うのは控えることです。こすり洗いは皮膚を黒くさせますし、明るくさせることから、遠ざかる誤ったお手入れになります。アンダーパーツは泡立てた石鹸のお泡で軽く洗い、ぬるま湯ですすぎ洗いをさせる位でちょうど良いです。VIOパーツ専用石鹸で洗うのも効果的であり、弱酸性なので肌にも優しい洗浄ができます。

VIOパーツのムダ毛処理に頻繁にカミソリを使用

記事のイメージ画像

陰部に黒ずみが生じている原因の最たる理由のナンバー1は、髪s理での自己処理が激しいことです。普段は露出などしないものの夏場は衣類も薄着になりますし、ミニスカートやショートパンツ、水着着用もあるので、処理なしではいられません。海やプールのお誘いがあれば、事前に自己処理は必須ですし、夏以外でも温泉に行くときにも、ある程度は処理する女子は結構います。カミソリを皮膚の薄い敏感なVIOパーツに当てるということは、皮膚に傷をつけて慢性的に炎症が起きるということです。デリケートゾーンの皮膚を明るく取り戻すのであれば、VIOパーツの処理は脱毛にするのも一案になります。脱毛はハードルが高いならば、前後のスキンケアを徹底して行うことです。

まとめ

陰部が黒ずみやすくなる原因はいろいろ入り組んではいますが、摩擦と乾燥が最も大きい要因です。下着の素材を優しいタイプに変えたり、衣類はきついものをやめてフィットするサイズにしたり、乾燥しないようにVIOパーツにも保湿をするなど、対策をすることはできます。

比較ページへのリンク画像