陰部の黒ずみを目立たなくする生活習慣

陰部の黒ずみを目立たなくする生活習慣

記事のイメージ画像

陰部は皮膚が薄くデリケートな部分なので、衣類などで摩擦を受けると、黒ずみが目立ちやすくなります。ホルモンバランスを整えるために、十分な睡眠や休息を取るようにしたり、栄養バランスの良い食生活を心掛けて、生活習慣を改善する努力が必要です。

黒ずみ対策のために生活習慣を見直しましょう

陰部は他の部位に比べると、皮膚が薄くデリケートな部分なので、下着や衣類、生理用ナプキンやおりものシートなどで摩擦を受けやすく、黒ずみが目立ちやすい部分です。普段から生活習慣を見直すことで、改善が可能になっています。普段の生活では、トイレで排泄が終わった後は、トイレットペーパーで優しく拭き取るようにしたり、ナプキンを使用している人は、タンポンに変えてみるのもお勧めです。毎日着用する下着は、コットン素材などの通気性の良い商品を選ぶことも大事です。陰部の黒ずみはメラニン色素が原因なので、すぐに改善するのは難しいですが、できることから、実践する必要があります。

ビタミンCやビタミンB群を補いましょう

下着やトイレットペーパー、ナプキン、衣類などで摩擦を受けると、皮膚を守るために、メラニンを生成しやすくなるので、陰部の黒ずみの原因になってしまいます。皮膚のターンオーバーは、28日から40日前後になっているので、新陳代謝を高めるためには、日頃から栄養バランスの良い食事を心掛ける必要があります。優れた美白効果のあるビタミンCを含んでいる食品や、皮膚の粘膜や表面を強くするビタミンB群を豊富に含んでいる食品を食べましょう。無理なダイエットは栄養不足の原因になったり、体調不良の原因になるので、避ける必要があります。普段から体を冷やさないように、保温を心掛けることも大事です。

入浴後は専用のクリームを使ってお手入れをしよう

陰部の黒ずみが気になっている人は、入浴で体を温めたり、低刺激な石鹸を使って清潔を保つことも大事です。入浴後はお肌が乾燥しやすくデリケートになっているので、黒ずみ対策クリームを使って、しっかりと保湿をしておく必要があります。専用クリームは、優れた美白効果のあるハイドロキノンや、お肌を整えるグリチルリチン酸などの成分が含まれている商品が多く、メラニンの生成を抑えて、皮膚のターンオーバーを促進する働きがあります。まずは、1、2か月は根気よく続けることが大事です。ホルモンバランスが乱れると、メラニンが生成しやすくなるので、十分な睡眠や休息を取りましょう。

まとめ

陰部は下着や生理用ナプキンなどで、摩擦を受けやすく、黒ずみが目立ちやすい部分です。普段から皮膚のターンオーバーを促進するために、生活習慣や食生活を見直すことも大事です。優れた美白効果のあるビタミンCが含まれている食品を食べましょう。

比較ページへのリンク画像