女々しい男達に傷つけられないために正しい陰部の洗い方

女々しい男達に傷つけられないために正しい陰部の洗い方

「あいつは、下着の洗濯が下手」男は口に出さないのが不文律でしたが最近は女々しい男が増えました。女々しい男に傷つけられるのもまた女です。基本はボロを見せないこと。何事も、ボロを見せないに越したことはありません。お風呂に入った際に下着ごと洗ってしまい新しいものに着替えてしまうのが一番です。

手の平で優しく撫でるように洗う

陰部の洗い方は1日1回お風呂に入った際手の平にいつも使っているボディーソープをたっぷりと手に取り、手の平で優しく撫でるように洗いましょう。それを毎日、習慣づけましょう。陰部をナイロンたわしを使って、ゴシゴシ洗ってはいけません。刺激を与えすぎてヒリヒリしてしまいますし、細かい傷から雑菌が侵入すると、悪臭の原因にもなります。悪臭がするからと、また陰部をゴシゴシとこすり洗いしてしまっては悪循環です。酷い臭いがすると他人に指摘され、早く治したいばかりに、ボディーソープにうがい薬を混ぜて洗うのは避けましょう。洗浄のし過ぎで、膣炎の原因に。

大勢の人が出入りして一斉にお湯を使う場所

大勢の人が出入りして一斉にお湯を使う場所は雑菌がイッパイ。職業によっては常にリスクと隣り合わせです。洗い方としては膣内を精製水で洗浄したり、毎日陰部専用のお手入れクリームでケアをする、定期的にフルの性病検査を受けるなどといった様々な洗い方があります。膣内に指を入れて石鹸で洗うのは陰部が傷つく原因ですので避けてください。職業にしてしまっている女性は、辞めればリスクが減ります。毎日出勤して定年まで長くやり続けるようなお仕事ではありません。期限と目標額を決め、稼いだら引退すること。引退後復帰したい時は、女一人ではなく、守りのプロの男性の力を借り、他の女性達とは別ルートで復帰すること。専属の男性に守ってもらっている女性と、守ってくれる人が店のスタッフしかいない女性とでは、扱いが変わるはずです。

彼氏の目の前で恥をかきたくない

彼氏ができて、彼氏の家に泊まったり旅行先などで外泊した際に、気になるのが下着についたオリモノです。男性は「気にしていないし、口にも態度にも出さない」タイプと「洗ってよ」と言い出すデリカシーのないタイプと「それも魅力のうちさ」と言う黒人小説の主人公のようなタイプと「全く笑えないけれど頭にかぶるなどしてネタにする」タイプに大きく分かれます。どっちにしろ、クロッチ部分にべったりでは、あまりにも無防備ですし、男性は口には出さずとも退いています。基本は大好きな彼の前ではオリモノが下着にこびりついているところは、見せないようにしましょう。

まとめ

本来なら女性の生理現象については、どうにもできない事柄なら男性は表向きは黙り、後ろでケアをするのが美徳でしたが、デリカシーのない男性も増えました。女性もいつも正しいお手入れをしてボロを見せないようにしましょう。彼の愛情が無くなった時が怖いです。

比較ページへのリンク画像