陰部の黒ずみを解消するための美容成分

陰部の黒ずみを解消するための美容成分

陰部の黒ずみはずっと黒いままではなく、有効な美容成分で改善をすることは可能です。人間の皮膚は生まれ変わるように出来ていますし、目立たないデリケートパーツの皮膚も、一生懸命ターンオーバーを繰り返しています。

色素沈着系には何よりもビタミンCの美容成分の力

陰部の黒ずみ改善のための美容成分として、トップバッターで必須とも言えるのはビタミンCであり、ビタミンC誘導体が明るい肌の味方になります。昔からビタミンCは美肌効果で信頼が厚い成分ですが、化粧品に使うには脆い部分があり、そのデメリットを解決したのがビタミンC誘導体です。壊れやすく脆いビタミンCを誘導体とさせることで、美白コスメなど化粧品に配合をしても、とても安定した状態でスキンケアに利用ができます。デリケートゾーンの皮膚にもビタミンCの作用は働きかけることになりますし、安定したビタミンC誘導体は効果的です。即効性で白くなるわけではないものの、ビタミンC誘導体の美白力はお墨付きといっても良い程、ホワイトニングには欠かせません。

トラネキサム酸やプラセンタも美白効果の手助けに

陰部の黒ずみから明るい皮膚を目指す美容成分の種類として、トラネキサム酸も忘れてはなりません。トラネキサム酸は医薬品のカテゴリーに入りますが、化粧品にも含まれる成分であり、シミや色素沈着の予防や改善にも有効です。シミのケアにももてはやされるトラネキサム酸は、メラニン色素の増殖を抑制する働きのある、美白有効成分ですので、皮膚を明るくさせるためにも異成分になります。皮膚の代謝が良くなれば肌は明るくなりやすいですし、プラセンタの成分も役立つ成分です。美容への関心が高い人は、プラセンタの美容効果にも関心を向けていますが、プラせたは皮膚の新陳代謝を高めます。皮膚のターンオーバーが良くなれば、メラニンはどんどん排出されるので、皮膚の色は改善しやすいです。

アルブチンエやラグ酸も皮膚への美白作用に

アンダーパーツを白く明るくするには、低刺激のアルブチンからも目は離せません。ハイドロキノンは皮膚の漂白剤と呼ばれていますが、少し刺激が強めであり、アルブチンはそれを安定させている、安全性の高い成分です。若干強めのハイドロキノンはメラニン除去を得意としていますが、アルブチンは皮膚を黒くさせないように、どちらかというと予防対策に貢献すします。チロシナーゼは黒いメラニンの原因であり、この働きにセーブをかける作用があるのが、植物性のエラグ酸です。化学物質ではなくエラグ酸は植物性成分ですので、皮膚に使用しても安全なタイプです。エラグ酸はポリフェノールの一つであり、抗酸化作用も高い成分でもあります。

まとめ

陰部の消し去りたい黒ずみには摩擦を加えて洗うケアではなく、皮膚を明るくする美容成分でのケアが適切です。美白力を有効成分として武器に持ち、デリケートゾーンを明るくするには、ビタミンC誘導体をはじめとする、あらゆる成分が味方になります。

比較ページへのリンク画像