陰部の黒ずみの原因の一つにターンオーバーがあります

陰部の黒ずみの原因の一つにターンオーバーがあります

陰部を黒くする原因は3つあると考えられています。メラニン、ターンオーバー、ホルモンバランスの問題です。メラニンは色素、ターンオーバーは新陳代謝、ホルモンバランスは女性ホルモンのことです。では、これらの黒ずみを日常生活でケアするにはどうしたら良いでしょうか。

肌を黒くする原因のメラニンを考えましょう

皮膚の黒ずみの原因はメラニン、ターンオーバー、ホルモンバランスです。まず、メラニン色素を考えます。仕組みは、肌が刺激を受けると、肌を保護しようとして、メラニン色素を出すことで、色が黒くなります。特に陰部や乳首などはメラニンが活発に働きます。一般的に下着との摩擦などによるものです。性体験が多いので陰部が黒いというのは誤りです。一般的にはメラニンはシミの原因と思われがちですが、シミだけではなくて肌を黒ずませる原因でもあるのです。ですから、年齢とともに黒くなっていくと考えられています。肌が黒くなる原因は、メラニンとそれ以外の原因の相乗効果です。

肌を黒くする原因のターンオーバーを考えましょう

皮膚が黒ずむ原因のメラニン、ターンオーバー、ホルモンバランスのうち、ターンオーバーを考えましょう。ターンオーバーは、分かりやすく言うと新陳代謝です。つまり、表皮の再生です。表皮は約一か月かけて古いものが剥がれてゆき新しい肌に生まれ変わります。紫外線や下着との摩擦などの外部からの刺激でメラニンが生成されます。この黒ずんだ肌は一定のサイクルで元の肌色の肌に生まれ変わります。肌が黒くなる原因は、メラニンとそれ以外の原因の相乗効果ですので、新陳代謝がうまく機能しないと、生まれ変わった肌の中に黒ずんだ状態が残る場合があります。この対策は専用の化粧クリームを使うことが良いでしょう。

肌を黒くする原因のホルモンバランスを考えましょう

皮膚を黒くする原因のメラニン、ターンオーバー、ホルモンバランスのうち、ホルモンバランスを考えます。ここで言うホルモンバランスとは女性ホルモンです。このバランスが乱れると、皮膚のシミなどだけでなく、生理不順、情緒不安定、疲れやすさなどが起こります。この結果として、新陳代謝がうまくいかず、メラニンとそれ以外の原因の相乗効果が起こり、皮膚の黒ずみが消えにくくなります。特に女性の場合には、生理の周期や年齢によって、女性ホルモンの分泌量が変化します。そのため、それぞれの年齢や症状によった対策が必要になってきます。具体的には、症状に合わせたホルモンが配合された化粧クリームなどの使用が考えられます。

まとめ

皮膚を黒くする原因はメラニン、ターンオーバー、ホルモンバランスです。メラニンが生成される原因は皮膚への刺激ですが、これを助長するのがターンオーバーとホルモンバランスです。化粧品を使用することとともに健康的な生活を送ることや日常の刺激を軽減するのが重要です。陰部の黒ずみには、自分に合った下着のサイズや素材を見直してみることも必要です。

比較ページへのリンク画像