陰部の黒ずみはホルモンバランスが関係しています!その他の原因と対策方法!

陰部の黒ずみはホルモンバランスが関係しています!その他の原因と対策方法!

女性の陰部は非常にデリケートな部位です。ちょっとした摩擦による刺激で黒ずみができやすいです。しかしながら、それが女性の悩みの種の1つになります。今回の記事では黒ずみができる原因とその対策方法について詳しく紹介していきます。

メラニン色素が定着することが原因です

記事のイメージ画像

陰部の黒ずみはメラニン色素によるものです。陰部は角質層が薄く、下着の摩擦やスキンケアなどの刺激を受けやすい部分です。陰部だけでなく顔や脇など皮膚が薄いところは、すべて刺激を受けやすいです。角質層が薄い部位にこうした刺激があると、肌を守ろうとして体はメラニン色素を普段よりも大量に分泌させます。それによって黒い色が付くというわけです。ちなみに、性的な経験が豊富だと黒ずむという誤解がありますが、これは全く根拠がありません。そのため、下着を変更するかスキンケアをしすぎないことが解決手段の1つになります。

ホルモンバランスの乱れによっても色素定着します

メラニン色素はホルモンバランスの乱れによっても定着するようになります。ホルモンバランスが乱れると肌のターンオーバーが促進されず、色が定着しやすくなるのです。ターンオーバーとは肌の新陳代謝のようなものであり、人間の肌はこれによって定期的に生まれ変わっています。肌の生まれ変わりが生じにくいと、黒ずみだけでなくシミなども付きやすくなります。陰部の黒ずみを解消したいのであれば、女性ホルモンに似た働きをする豆乳やプエラリアなどの大豆イソフラボンを含むスキンケア商品を塗布することです。そうして肌の新陳代謝を活性化させて色素定着を改善します。

根本的な治療はクリニックに行くことです

メラニン色素の定着自体を防ぎたいという人にはクリニックに行くことをおすすめします。メラニン合成を抑制するハイドロキノン配合クリームなどを処方してもらうことができます。ハイドロキノンは美白効果がありますので、それを塗布すると美白になります。また、近年ではケミカルピーリングという施術もあり、黒ずみだけでなく肌をすべすべにする効果もあります。即効性を求めるのであれば陰部の黒い部分だけを切除する外科手術を受けることをおすすめします。黒ずみだけを切るので比較的短時間で手術は終わりますし、ターンオーバーもほとんどありません。

まとめ

陰部に黒ずみができるのは強い刺激とホルモンバランスによるメラニン色素の定着が原因です。下着を変えたり、新陳代謝を促進するクリームを塗布することが対策になります。メラニン色素の定着自体を解消したい場合はクリニックにいきましょう。

比較ページへのリンク画像