陰部の黒ずみの原因と一般的なレーザー手術

陰部の黒ずみの原因と一般的なレーザー手術

黒ずみが出来やすい体の部位は、一つだけではなく複数存在しています。特に皮膚が薄い部位や、脱毛を繰り返している部位、スキンケアでも黒くなりやすいと言われています。その中でも陰部は黒くなりやすい所なのですが、原因や、手術方法について知っておいて損はありません。特に陰部の手術はどのようにするのか知らなければ不安な筈です。事前に知識があれば手術をするかどうかの判断材料になります。

皮膚が薄い所は刺激が弱いので黒ずみが生じやすい

記事のイメージ画像

皮膚が薄い所は、刺激に弱いのでメラニンによりシミや黒ずみが出来やすいです。陰部は角質層が薄い為に、下着やナプキンの使用だけでも摩擦によって強い刺激を受けてしまう部分となります。特に陰部で黒くなりやすい部位があって、それは、大陰唇や小陰唇やお尻なのですが、特に小陰唇の黒さは目立ちますので気になる女性も多いです。どうして黒くなってしまうのかと言うと、メラニン色素が原因であり、年齢を重ねて行くことでホルモンバランスも変わって行くためにメラニン色素が沈着しやすくなって黒くなってしまうと考えられています。摩擦によっても黒くなってしまうのですが、ナプキン以外でも下着によっても摩擦が生じ、炎症が起きて皮膚ダメージを受けたり、ぴっちりとしたジーンズ等を履くだけでも摩擦が生じて発生します。

陰部の黒ずみ手術の一つレーザートーニング

基本的に陰部が黒くなるのを予防したいなら、日頃からかぶれて炎症が起きないよう、陰部への摩擦を少なくして清潔にしておく必要があります。しかしそれ以前に黒さがかなりの物になっているのでしたら、手術という方法も選択肢に入れて損はありません。デリケートゾーンの手術ではレーザー治療が代表的であり、レーザートーニングや、Vホワイトニングレーザーという方法があります。一般的な黒ずみは、レーザートーニングが適していると言われており、下着摩擦、除毛をした際にダメージを受けた色素沈着により出来た黒ずみに良いでしょう。レーザートーニングのレーザーは弱い出力で、ムラのない照射ができるのがメリットあり、デリケートゾーンの皮膚の深部にあるメラニン色素に対し直接的に照射してメラニンを壊して黒い部分を消していきます。

Vホワイトニングは黒ずみを削る手術

もう一方のVホワイトニングレーザーは、大陰唇や小陰唇で蓄積によって厚くなった角質、色素沈着で黒くなった皮膚を、薄い層ごとにレーザーで削って改善する方法です。極薄の皮膚角質を削るため、麻酔クリームを使うのが一般的であり、麻酔が効いているためにそこまで痛みを感じることはないでしょう。このVホワイトニングは、尿失禁や産後の引き締めと言った悩みについても対応出来る事が多いです。そのため美容皮膚科や美容クリニックでは、黒ずみの治療以外にも使用されています。手術時間は、クリニックにもよりますが、大体十五分程度で終わるような物ですが、施術をした後、一週間程は患部が痛むケースもあるようです。

まとめ

陰部の黒ずみを手術するなら、基本的に症例をホームページ等で紹介している所、施術実績が多いかどうかをチェックする必要があります。クチコミ等も参考にする事で、クリニック選びの失敗リスクを最小限に出来ます。そしてカウンセリングでは疑問な事、金額についても遠慮せずしっかりと医師と相談する事が大切です。

比較ページへのリンク画像