陰部の色素沈着する理由と改善方法

陰部の色素沈着する理由と改善方法

女性たちを悩ませる陰部の色素沈着は、皮膚のデリケートで薄いパーツだからこそ、黒ずみを生じやすい運命があります。正しいケアをすることが解決の糸口となり、専用コスメや医療の力を借りることで、皮膚の黒ずみは解消することが可能です。

アンダーパーツが黒ずみを生じやすい理由

陰部に色素沈着を起こしやすいのは様々な理由があり、皮膚への摩擦と刺激は大きな原因です。日頃から摩擦を加えることはないと考えるとしても、ショーツの素材やピタピタのジーンズなど、衣類からのささやかな刺激も既に摩擦になります。皮膚の薄さはほかの部位と比べると桁違いであり、常に衣類せ覆われていて、刺激を受けることでメラニンも沢山出来やすいです。皮膚にメラニン色素が多く産出されたとしても、わずかんであれば皮膚代謝で対処ができますが、常に摩擦があるエリアではその限りではありません。皮膚は保護するためにメラニン色素を算出させるものの、サイクルが間に合わないと、皮膚は黒ずむばかりです。

ターンオーバーの乱れも黒ずみを生じさせることに

皮膚は順調な28日程のサイクルで生まれ変わりますが、デリケートゾーンが黒ずみやすいのは、ターンオーバーの乱れも黒ずみの要因です。健康な肌は一般的にも28日周期で入れ替わることになりますが、サイクルが乱れてしまうと皮膚は新しいものへと変わることができません。サイクルの乱れは加齢による理由もありますが、もっと身近なことでは、生活が乱れてしまい、睡眠不足やストレス過剰も原因です。健康な心身を維持するためにも睡眠は重要であり、デリケートゾーンに関しても、黒ずみ解消には睡眠は大事になります。皮膚細胞への修繕や回復作業は深夜の眠っている時間に行われるので、アンダーパーツの黒ずみリセットのためにも、夜は早く眠ることです。

まぶたの皮膚よりも薄いデリケートゾーンの皮膚

記事のイメージ画像

黒ずみやすいのがデリケートゾーンの皮膚ですが、まぶたの皮膚よりももっと薄いです。いかに外部刺激に弱く、摩擦で黒ずみやすいかが、皮膚の薄さだけでも理解はできます。皮膚に無駄に黒ずみを生じさせないためにも、普段着用をする衣類は、できるだけ肌に優しい素材をチョイスすることです。安いからとか、見た目が可愛いからという理由ではなく、素材が皮膚にやさしいかで選びます。ショーツを選ぶときにはポリエステル素材ではなく、シルクや綿素材を選ぶことです。パンツやスカートにショーツも、ボディに対してきつすぎないこと、ゆとりのある下着や洋服の方が、黒ずみは出来にくくなります。

まとめ

陰部の皮膚は薄いことから色素沈着を起こしやすいエリアでありますが、下着やコスメでの改善が可能です。皮膚のターンオーバーを順調にさせるためにも、保湿をするのとともに、夜は早く眠ることも改善のために必要になります。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

陰部の黒ずみを解消するにはせんよクリームでのお手入れを
陰部に黒ずみが生じやすくなる原因は何か
黒ずみが気になるなら陰部への刺激を減らそう
女性の陰部に生じる黒ずみの原因と対策
陰部の黒ずみに使える美白化粧水を探そう
陰部の黒ずみを解消する即効性の方法
陰部のかゆみを抑えると黒ずみが改善することもある
陰部の黒ずみはおりものとは関係がない
陰部の黒ずみを消すためにする事とは
陰部の黒ずみの原因と一般的なレーザー手術
今日からできる陰部の黒ずみの対策法
陰部が黒ずみ始め悩みを抱えてしまった人へ
陰部の黒ずみの原因はメラニン色素にあります
陰部の黒ずみは慢性的な炎症によるもの
陰部の黒ずみはホルモンバランスが関係しています!その他の原因と対策方法!
陰部の黒ずみの原因の一つにターンオーバーがあります
陰部の黒ずみを解消するための美容成分
陰部の黒ずみの改善 時間はどれ位か
陰部の黒ずみをクリニックに相談する
女々しい男達に傷つけられないために正しい陰部の洗い方
陰部の黒ずみを目立たなくする生活習慣
重曹を利用すれば陰部の黒ずみを改善できる
陰部の黒ずみは処女でも普通にあること
陰部の黒ずみを年齢だと諦めない